小紋のかわいい花柄の着物

小紋の着物はシンプルで着やすいものが多いですけど、花柄のかわいらしものもけっこうありますよね。花柄でも控えめで優しい感じのするものが多いので、好きなんです。普段着としてももちろんいいですし、ちょっとしたおでかけには花柄なんかだとやっぱり華やかになるので、一枚ほしいなと思っています。以前はもっと色もくっきりした、目の覚めるような派手な花柄の着物がほしかったのですが、そういうものはちょっと飽きるのも早そうなかんじもしますね。小紋の着物がけっこう若い人にも人気なのは、しょっちゅう着ても飽きが来ない控えめなものが多いからではないでしょうか。若い人が着るにはちょっと地味かなと思うような柄でも、帯にインパクトのある柄や色を持ってくると、すごくおもしろい着こなしになります。その人のよさを引き出してくれるのが小紋の着物のいいところですね。


小紋にはどんな帯を組み合わせるのか

普段着の着物である小紋には、どんな帯を組み合わせると良いのでしょうか。まず1番適しているのが「名古屋帯」と呼ばれる帯です。名古屋帯は普段用の帯なので、普段着着物である小紋にはぴったりの組み合わせです。結び方のバリエーションを色々と変えて、粋な雰囲気を演出して楽しむこともできます。又、浴衣に使う「半幅帯」も組み合わせることができます。名古屋帯が難しく感じる人は、まず半幅帯から始めてみるのも1つの方法です。逆に、適していない帯は、フォーマル用の「袋帯」です。袋帯はデザインが豪華絢爛な上に厚手なので、カジュアル着物である小紋に組み合わせると重苦しい雰囲気になってしまいます。そして、着物・帯それぞれが浮いた印象になってしまい、全体の調和が取れなくなってしまうのです。着物のおしゃれをするにもやはり、ミスマッチのないように着物と帯を組み合わせることが必要なのですね。


小紋とは何かについて

小紋とは、日本の着物の種類の一つです。全体に細かい模様が入っていることが、名前の由来らしいです。現在は模様の大きさ関係なく、模様の入ってる着物のことを小紋と呼ぶらしいです。それと、染めの技法は何種類かあり、紅型、縛り、更紗など多種多様あります。その中で主な技法として、有名なのは、江戸、京、加賀です。結婚式などでも着られる機会が多く、可愛い模様が非常に気に入られています。レンタルのサービスもあり、結婚式などのイベントの時だけレンタルする人が多いそうです。着物というのは、奥が深いもので、模様一つで相手に与える印象を変えてしまいます。それと、TPOを考えて、着ていくものを決めましょう。それと、着物は着こなしが一番重要となるので、帯の巻き方や柄の見せ方などしっかりとしていないと恥を書いてしまうので、お気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*