奥が深くて味のある江戸小紋

着物にはいろいろなタイプがあって、一枚一枚が芸術品のような感覚で見ることができますよね。テレビなどで着物の染め付けを行っている工程を、紹介している番組がありますが、見ていてとても楽しいです。最近はポリエステルなどの安く買える着物もありますが、昔ながらの染め方で作られているものはやはり味わい深いです。どんな着物もそれぞれ特徴があって素敵なのですが、私はとくに江戸小紋にひかれます。江戸小紋の中でも市松模様やストライプや水玉のようなシンプルな柄のものが好きなんです。遠くから見ると無地の着物かなと思ってよく見ると、細かい柄になっていてとてもおしゃれでかわいいです。こういった柄だとあんな帯と組み合わせてみたい、といろんなアイデアが浮かんでくるんですよね。華やかさはありませんが、奥ゆかしくて味のあるところが好きです。こういった柄をかっこよく着こなしている人を見ると、ほんとに粋だなと思います。


レトロな小紋のアンティークの着物でおでかけ

街を歩いているとほんとにいろいろなファッションに出会えますが、着物でお出かけしている人も時々見かけますね。最近は女性だけでなく、若い男性が洋服感覚で着物をきこなしていて、うれしくなります。ちょっとしたお呼ばれやお茶会のような場所には着物を着ていくと目立ちますし、ほかの人と差をつけられるのでおすすめです。特に若い人に人気なのがレトロな小紋のアンティークの着物です。小紋にはさまざまな柄がありますが、アンティークのものには、ほんとに華やかで素敵な柄が多いです。おしゃれをしてでかけたいときなどには、こういったアンティークのちょっと大ぶりな柄の着物を着ていくと、洋服よりも注目されると思いますね。最近はネットの動画などで、着物の着付けを教えてくれる便利なものもありますので、そういったものを参考にしながら、着付けの練習をしている人も多いようです。自分で着られるようになれば、いろんな場所に着物ででかけられるようになるので、おしゃれの幅も広がりますよね。


もっと気楽に小紋の着物を

近代日本が始まって、いつしか着物も洋服へと変化していきました。ところが着物をファッションとして見直そうという動きがあります。着物と一言でいっても、そこにはさまざまな種類と、着て行って良い場所、いけない場所があります。例えば結婚式であれば絵羽模様の留袖、成人式の振袖、公式の席での訪問着などはその場所に来ていくものとして認識されています。一方小紋は普段着として昔から家庭でも多くの女性たちが着てきた着物です。小さな同じ模様が布を埋め尽くしているので小紋と名付けられていて、型染という絵付けの技法で作られていきます。大きな模様から細かい模様までたくさんの種類や色がありますので、帯との合わせ方や現代的な着こなし、足袋との組み合わせなどで独自のファッションを楽しむことが出来ます。そんなわけで休日などのゆったりした時を楽しむにあたって、小紋はお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*